面接でしっかりアピールできるかが重要

ある会社で営業職の仕事をしていれば他の会社でも営業の仕事ができるかです。

職種が合うだけの答えは面接の志望理由では無い

面接でしっかりアピールできるかが重要 ある会社で営業職の仕事をしていれば他の会社でも営業の仕事ができるかです。もちろん努力をすることによってそれまでの経験をうまく活かすことが出来るかもしれません。しかしそれまでの経験をただ次の会社の仕事に持ってきて行おうとしても無理です。同じ名称の仕事でもそれぞれの会社ごとにやり方が異なります。経理部であってもシステム開発部であっても同様になります。

転職時の面接ではその会社を志望した理由を聞かれる事があります。何も考えずに答えようとすると、今までしていた仕事と同じであることを回答として伝える事があります。しかしこれでは採用側としては本当に仕事をしてくれるかわかりません。前の会社ではその仕事ができたとしても、この会社で仕事ができるとは限りません。それが伝えられていません。

自分の目線で話してしまいがちですが、採用側の目線で話すように心がけます。どのような人材を募集していて、そのような人材として仕事ができることを希望する旨を伝えます。新しい商品を中心に展開しているところに興味を持つや、地域に根ざした営業方針に興味を持ってその仕事がしたいと感じて応募をするなどです。同じ職種をしていても、この人ならやってもらえそうに感じてもらえます。

Copyright (C)2019面接でしっかりアピールできるかが重要.All rights reserved.