面接でしっかりアピールできるかが重要

人生ではいろいろな組織、人とコミュニケーションをとることになります。

面接ではネガティブな退職理由は避ける

面接でしっかりアピールできるかが重要 人生ではいろいろな組織、人とコミュニケーションをとることになります。学校などでは同年齢やそれほど歳の離れていない人とのコミュニケーションが中心になります。しかし会社となると歳の離れている人とのコミュニケーションが中心になります。自分自身も慣れていない場合がありますし相手も慣れていないこともあります。必ずしもいい関係が築けるわけではありません。

うまく人間関係が築けないことから転職を考えて応募をする事があるでしょう。このとき面接で退職理由としてそれをそのまま話してしまう人がいます。話す側とすれば自分を正当化するので人間関係がうまくいかなかった相手を悪く言ってしまう事があります。確かに本当によくない上司等がいるのは事実ですが、それをそのまま言うのはよくありません。

倒産をしたために就職活動をする場合でもそれを理由の一番にするのはよくありません。あくまでも応募した会社に入りたいからとつなげられるようにしていきます。倒産はきっかけであり、その後に自分の行いたい仕事を見つめなおしたところ応募した企業の仕事に魅力を感じるようになったなどです。前向きに答えることで担当者の印象をよくすることができる場合があります。

Copyright (C)2019面接でしっかりアピールできるかが重要.All rights reserved.